おもしろい、もったいないの家

投稿日 2010年07月08日
カテゴリー 住宅の話し

omtokuta

 皆さんOMソーラーハウスという家をご存知ですか?
近年住宅もエコが叫ばれ、エコロジーな発想を売り物にした家が増えてきました。その中でもOMの歴史は古く、パッシブソーラーハウス(自然エネルギーを巧みに住宅にとり込み生かす家)として、1970年代から建築家奥村昭雄により研究開発が繰り返され進化しつづける優れたエコ住宅です。
 今話題の高気密住宅と言うと、魔法瓶のような家を連想しませんか?OMは新鮮な空気を冬は太陽で暖めたり、夏は涼しい空気を取込んだりして、そんな息苦しさのない新鮮な空気が溢れる爽やかな開放感あふれる家です。えっ、似た家が他にもある。確かに。 ハイテクの様な、でもある意味ローテクの様な、自然エネルギーを上手に使いこなす技術は、長年の経験値が必要なのだそうです。パッシブソーラーハウスとして長い実績を持つOMの信頼性は、とても優れているそうです。
 当社では、「信州OM住まいの研究会」やとりわけ長野市の「うれし徳武建設」を通じて、その素晴らし発想を持った住宅に数多く接して来ました。これから住宅をとお考えの皆様は是非、アクセスしてみてください。http://www.tokutake-kensetsu.co.jp

戸谷和実

コメント

コメントを受け付けておりません。