志賀高原での根曲り筍採り

投稿日 2011年06月26日
カテゴリー 志賀高原の話し | コメントする

 志賀高原での根曲り筍採りは現在禁止となっています。国立公園であり、地主の和合会の入山許可が必要だと聞いていました。ところが昨年、当社の相談役の竹村氏から「送迎バス付き、昼食付き、温泉付き、入山許可付きの志賀高原根曲り筍採りツアー」の話しを聞いていたので、私もツアーの仲間を募って出掛けてみることにした。ツアーと言っても総勢8名の参加でしたが、根曲り筍採りのことですからあまり大人数でもトラブルのもと、丁度いい人数だったのかもしれません。
 6月25日土曜日、今回お願いしたのは、サンバレーのビワ池ホテルさんです。朝長野へ8時に迎えに来ていただいて、シーズンも後半ということで、 横手山の陽坂までマイクロバスで向かいました。8名のうち未経験者7名というとんでもないグループで、バスの中では早速ビールで乾杯の有様です。現地に到着、横手山に向かってゲレンデサイドの筍薮を採りながら登って行くというロケーションでスタート。「果たして全員満足する程採れるものやら」と心配しながらも、最後尾からあまり登るのをやめて近間を探し始めると、「ある、ある」顔を突っ込んで下を見ると簡単に探し当てることできるじゃないですか!薮を2・3メートを入り込んでは出てくるを繰り返しながら30分も採っただろうか、ザックもほぼ一杯になり直径3cm以上の太いもの狙いに切り替えながら採っていると、満足げな顔した仲間が下りてきた。わずか45分程で十分にみんな満足な量が採れ終了です。
 ホテルに戻り入浴、肌に優しいしっとりとくる無色透明な温泉です。笹の葉で傷ついた腕や顔のヒリヒリした痛みも何処へやら!さっぱりとして昼食です。宴会場のテーブルにセットされた美しく料理に一同感動!工夫を凝らした山菜料理が新鮮で、次から次と運ばれる料理の品数に多さに、ご飯(コシアブラご飯)を残してしまった。残念!
 窓から見える小雨に煙る高原の爽やかな空気が、温泉で火照った体を優しく包んでくれた素敵な昼食でした。と、まとめればかっこいいのですが、用意していただいたカラオケセットで一同大盛り上がり、高原の静寂を破るおっさん達のだみ声の大宴会となり、大変お騒がせ致した。でも、初めての根曲り筍採りも宴会も全て楽く良い思い出となりました。また来年もみんなで行きましょう!  
p.s. 今回の料金は5,000円(酒代別)です。一同「あの料理と内容でとてもお得」と意見が一致しました。ビワ池ホテル様お世話になりました。また来年も伺いたいと思います。

戸谷和実

2011年夏のポスター「まが玉の丘」

投稿日 2011年06月15日
カテゴリー 仕事の話し, 志賀高原の話し | コメントする

 2011年の志賀高原夏のポスターは「まが玉の丘コース・こけ岩周辺」の写真。2009年の「大蛇祭り」の撮影が終ってから、信大自然植物教育園の長池の畔から登った時のカットだ。午前中、大蛇祭りの撮影で大沼池をぐるりぐるりと半周往復しながらの撮影。そのせいか、スタートから全行程の約六分の一程度の、階段状の登り「上の広場」までのコースが一番きつかったと覚えがある。当初はまが玉の丘のふたご岩が一番の目的だったのだが、写真の「こけ岩」地点に緩やかなカーブを描き架かる木道のこのシーンが一番印象に残った。
 いよいよ今年も6月19日(日)志賀高原のトレッキングシーズンの開幕を告げる「新緑祭」が開催される。ガイド組合のガイドさんと共に山を歩き様々な再発見をする一日を、多くの方に楽しんでいただきたい。今シーズンは映画「岳」の影響で山を楽しまれる方が多いと思うが、栄村の震災の影響で志賀高原を避ける方もいるのだろうか?
 「志賀高原は震災の影響も無く、自然は元気に美しい姿を見せてくれますよ〜」声を大にして叫びたい!

高山村の五大桜

投稿日 2011年05月06日
カテゴリー 雑談 | コメントする

坪井のしだれ桜/推定樹齢約600年

赤和の観音のしだれ桜/推定樹齢約200年

黒部のエドヒガン桜/推定樹齢約500年

水中のしだれ桜/推定樹齢約250年

中塩のしだれ桜/推定樹齢約150年

震災により被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

投稿日 2011年05月06日
カテゴリー 仕事の話し | コメントする

ミス志賀高原

投稿日 2011年05月06日
カテゴリー 仕事の話し, 志賀高原の話し | ミス志賀高原 はコメントを受け付けていません。

 写真の美女はプロのモデルさんではありません。ミス志賀高原の三人です。私は昨年の夏のコンテスト以来の再会ですが、とは言っても話しをしたのは今回初めてです。今時のことミスコン荒らしの他県民だと思っていましたが、なんと三人とも長野県民だそうです。三人ともとても優秀な大学生と言うのが私の感想です。今回は冬の志賀高原で初日はスノーシューハイキングに、二日目は横手山大滑降?と特別にモデルとして頑張ってもらいました。
ありがとう!お疲れ様でした。

全国区からインターナショナルへ。SNOW MONKEY

投稿日 2011年02月09日
カテゴリー 志賀高原の話し | コメントする

 ちょっと昔の話しですが、「お猿の温泉」のフレーズで有名になった上林温泉地獄谷野猿公苑を覚えていますか?この4・5年前からすっかり外国人の観光スポットになっているですよ。とくにオーストラリアの方々が多く、最近ではやはり中国からの観光客も増えているそうです。何でもニホンザルが、猿の生息する北限で、雪の中で暮らす猿がとても珍しいとか。ましてオーストラリアには猿が生息していないそうです。知っていましたか?もしかしたら、訪れたオーストラリアの人々は「日本の猿はみんな温泉に入るから雪の中でも暮らせるんだ」 と国に帰って言っているのかもしれません。温泉大国ニッポン万歳!
追伸 山道で出逢う中国の方は他の外国人にくらべ「こんにちは」の挨拶に返事を返さない方が多いんですよね。日本語に馴染みが薄いのか?恥ずかしがりやなのか?まだまだ旅行慣れしていないのか?気軽に挨拶を交わす習慣が無いのか?お国柄ですかね?

戸谷和実

2月2日天気良し!

投稿日 2011年02月03日
カテゴリー 志賀高原の話し | コメントする

 期待の雪もイマイチ!少ないような気がする。北アルプスがかすんでる。長野市が雲で見えない。熊の湯周辺の木に雪の付きが悪い。不満を言えばきりがないのですが、仕事ですから、山がすきだから、何度でも足を運びますよ!
 それよりやはり自分のコンディションが年々低下しているのかな?昨年の高所恐怖症は陰をひそめつつあるが、スキーのスピード感が怖い!機材を背負ってのスキーということもあるのだろうが、風をきって滑るなど、とんでもない。高所恐怖症と同様慣れるしかないのかも!今年は滑り込んで昔の感を取り戻そうと思う。でもやっぱり山はいいですよ〜!

戸谷和実

今年は5年ぶりの豪雪?

投稿日 2011年01月24日
カテゴリー 志賀高原の話し | コメントする


 長野市内で積雪30cm、今年は5年ぶりの大雪になるという話しだ。4年程前に新築移転した当社には雪の備えがまったく無く、焦ってスノーダンプ(雪かき)を買って来た。長野と言えば「雪国」のイメージがあるから都会の方には信じられないでしょうが、最近は長野も市内ではほとんど雪かきをしないで冬を過ごす。晴れた!ってことで例年のこと車に飛び乗り、いざ志賀高原へ向かう。
 やっぱり今年も最初は横手山へ来てしまった。思惑どおり見事な樹氷が私を迎えてくれる。しかし、北アルプスが見えない!志賀高原はこんなに晴れていても、大町方面は曇りだ。いつもながら撮影条件がパーフェクトに条件が揃うのは難しいものだ。

戸谷和実

待望の積雪

投稿日 2010年12月17日
カテゴリー 志賀高原の話し | コメントする

 12月15日志賀高原全山に雪をもたらす待望の寒波がやってきた。
 今年の志賀高原のパンフレットの2度目の納品作業。車窓から真っ先に目に飛び込んでくれたサンバレースキー場のスキーヤーの姿。今年もいよいよスキーシーズンの到来だ!12月4日にスキー場開きを熊の湯スキー場で開催したものの、雪不足でここまでリフトが稼働していないスキー場も多い。シーズンの到来は当社のデザイン部門では仕事の修了を意味するのだが、同時に冬の撮影シーズンの到来となる。カメラマンの手配はできたが、今年こそ積雪の恵まれた志賀高原の写真を撮影したいものだ。暖冬傾向が続く中、猛暑の年は雪が多いとも聞く。カマキリの卵も例年より高い位置にあるらしい?期待は大だ。

とっても美味しそうなカキシメジ

投稿日 2010年11月20日
カテゴリー 雑談 | コメントする

murasaki_sugi

 11月も末になろうとしているのに、この時期のキノコ狩りとは一体どんなキノコが採れるのだろう?冬はまだ先とは言っても、ゴルフ場でキノコの姿を見かけたのは半月も前のことの様な気がする。
 実は 長野のゴルフ場では秋はキノコ狩りが楽しめ、ゴルフそっちのけで採る奴さんにかける声が響き渡る。そんな光景にあまり良い印象を持てない私だが、「ジコボ」というキノコぐらいなら知っている。もっとも「山の雑キノコ汁」の美味しさは、秋の味覚の一番の楽しみだ。「今年はろくにキノコ汁を食べなかったな〜」そんな想いに、キノコ狩りらしいことはほとんど経験がない私が、詳しそうな???先輩と連れ添って11月末の山に入ってみることにした。
 場所は飯綱町から信濃町。山と言っても集落が近くにある村はずれと言った感じだ。まさに「里山の恵み」。雑木林に分かれて立ち入ると、私でもすぐに立派なキノコが見つけることが出来た。色合いといい、その姿といい、実に美味しそうである。余裕で里山の写真を撮りながら時間をつぶし、車に戻り先輩を待った。
 「何か採れたか?」の声を待って、自慢げにキノコを先輩に見せた。「おっ!何と立派なカキシメジ」と、先輩が笑い出す。毒キノコである。しかも初心者が間違えるの代表的なキノコらしい。 何度見ても、色合いといい、その姿といい、実に・・・間違いやすそうである。
 そんな事件もあり、その後は先輩と行動を共にすることにした。クリタケ、ヒラタケ、スギタケ(写真右)、ムラサキ(写真左)が半日で各自スーパーバッグ(中)一杯は採れた。この時期にしては良く採れたほうらしい。 ちょっとハマりそうである。

戸谷和実

« 戻る過去の投稿記事 »